LED電球の選び方1

1.照射角を重視しましょう。

今までの白熱球や蛍光球は、全周に光を照射していましたが、LED光源の基本では、LEDチップから120°の照射角の光となります。これは地面から2mのところに取り付けられた電球からは、半径4mまで光が届くことで、栽培されている植物との距離が1mであれば電球を中心に半径2mの範囲しか光が届かないことになるのです。
弊社商品には、ほぼ180°にLEDの光が照射されるチップが使用されています。(オリジナル光源で、基本から確実に設計した結果です。)
結果として栽培されている植物に、ムラのない均質な光を照射し、安定した効果が提供されます。
過去の導入事例の失敗談からは、ただ単に効果がなかったと評価されている例でも、多くはこの照射角を重視されていなかった事が原因と評価できる事例は、多数見受けられます。
この事例でも解決策はあるのです。取付位置を上部に変更することです。



amazon LED電球 単品ページ
http://amzn.asia/8NYxAkl
amazon LED電球 50個セット
http://amzn.asia/fhX4Isc
amazon LED栽培セット
http://amzn.asia/5LufYmj